学会について

ホーム >学会について

私たちのめざすもの
国際ボランティア学会はボランティアに関わる研究者・実践者たちの交流の場として1999年に設立されました。
日本の市民は震災を契機にボランティアへの理解・関心を広げ、さらにそれが世界的な文脈で地球や人類の利益に関わっていることを認識するようになっています。また、政府、行政、企業もまたボランティアへの関心を持ち始めている今、学問研究分野も積極的なかかわりが期待されているといえます。ボランティアに関連する学問は大きな広がりの中で研究が進められ、かつそれらが有機的に結び付けられる必要があります。(設立趣意書より)

会長挨拶
偉大な先人の軌跡をたどりつつ、市民社会に開かれた場を提供し、実践と理論を自由闊達に議論する「国際ボランティア学」のありかたを追求していきたい。
多くの市民社会、研究者、実践者、そして次世代を担う学生の方々に、気軽に国際ボランティア学会に参画いただけるように、心からお待ちしています。

詳しく見る

主な会員

研究者(大学、各種研究機関)、ボランティア実践者(NGO/NPO、社会福祉法人に所属している個人)、学生、法人など

主な活動内容

大会の開催(年1回)
学会誌『ボランティア学研究』の発行
隅谷三喜男賞の選考(年1回)
ニュースレターの発行(年2回)
シンポジウムの開催

会計報告
  • 活動写真
  • 活動写真
  • 活動写真
  • 活動写真
  • 活動写真
  • 活動写真

ページトップへ